読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

鶴 prsents 「ようこそ埼玉、遊ぼうよパラダイス」 9/23@HEAVEN'S Rock Kumagaya VJ-1

こないだ宇都宮行ったじゃないですか、私…。いやまぁ、行ったんです、行ったんですけどね!!

宇都宮、遠くてさぁ…。なんてゆうか、北関東の方に大変失礼なのですけど、神奈川から赴くのがいちばんきっつい距離感と言いますかですね…。もうさ、名古屋以西とか仙台以北とかだと完全なる遠征で、そういうスイッチ入るし夜行バスとかで行っちゃうし。なんだろう、そんな遠くないし鈍行日帰りでのこのこ行けるのに、あれ? けっこう遠い…ってゆう……。

で。熊谷ですよ! 先日の宇都宮に比べればぜんぜん近いじゃん! って気持ちで行ったのが間違いでしたね。とっても遠かったですね☆ たぶん4年ぶりくらいに行きました。でも、やっとこやっとこ辿り着いた先であのライブ観たらもう、一瞬でそんなのどうでもよくなるよね!

最初は長く熊谷で活動されているという地元バンドのブラウンチューブ。こういう音を聴くと、何かとても安心します。実直、という言葉で言い表せるだろうか。全ては無理にせよ、彼らの何らかの一面を捉えてはいると思うのだけれど…!

それで、2番手がゲストバンドのFoZZtone。あの! あのメモリアルな赤坂ライブ後の初ライブですよ! あの日以来ですよっつってもまぁ、2週間ぶりくらいだけどさ! あの日以来ってゆうのは気持ち的にドキドキですよ。あのハコを完全に自分たちのものにしたFoZZtoneが次に見せてくれる光景。それ、その全てが。

その全てが熊谷にあったと思うのですよおおぉぉぉ!! 楽しくて楽しくて、なんかもうひたすら私は笑顔だったわ…。『茶の花』でひと段落した時に隣の友人と顔を見合わせて、お互い満面と笑顔でたった一言「好き❤」と言ったのがね! でもだって本当にだってもうね!! この多幸感ったら無いのですよ!! 

「鶴でーす! フォズですー!」とかやってる渡會さんを観ると、キャノンの方まで回り込んじゃってギターをかき鳴らす竹尾氏を観ると、その影響で逆に竹尾氏側に行っちゃうキャノンを観ると、それをニコニコ笑顔で眺めながらドラムを繰るキャプテンを観ると…。ああ、こんなにも強靭で楽しいバンドなんだ。それはもう一過性のものとかじゃなくて、間違いようのないものなんだ…と。

まったくどーでもいいですが、この日は渡會さんが故郷・埼玉に10年ぶりに帰ってきた、という体でコール&レスポンスしましたね! 「君たちはお母さんだ!」…こんな息子を生んだ覚えはさらさら無いが…「母さん! ただいま!」「おかえりー!!」なにこれ\(^o^)/

続く鶴も10周年! 気になってたのに、長いことなかなかライブを観れなかったんだけど、今年になってから2回目! 「鶴でーす!」も、もう大丈夫!! 安心して身を委ねて楽しませてもらいました! なんだろう、名前に親近感があるんですのよね…。もうなんか、他人じゃない! みたいな…(彼らにメーワク)。

FoZZtone セットリスト》
Reach to Mars/TOUGH!!!/茶の花/レインメイカー/Shangri-La/Master of Tie Breaker/LOVE