読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

キクチユウスケ 11/1@中目黒OOPS!!

「40歳になったら、仕事全部やめたいんですよ」

…他のバンドマンが言ったら「ああぁぁ!!?」って戦慄するのだろうけれど。キクチさんのこの説得力は何だろうか…。

“仕事全部”ってのがミソだと思うですが、つまり現在のキクチさんはもはや職業が何なのか一言で説明できないのであり、“ミュージシャン”というのは彼の仕事のほんの一部にすぎないわけです。彼の言葉を借りるのならば、「最近は本当に生活の一部に音楽が溶け込んでる」。

だから2時間の公演で彼の大好きなおしゃべりに次ぐお喋りなわけで…(';') でも大丈夫だよ、私はおしゃべりを聴きに行ってるからね☆

“必要以上に伝われば伝わる話”――「僕、お店とかを借りる時に不動産屋さんに行ってとりあえず自分が今してることとしたいことを全部話すんですけど。で、“キクチさん、なんでもやってるんですね…”って言われるんですけど。で、こないだ言ったらもう直接大家さんと話してくれって言われちゃって。佑天寺で70代と60代のおじいちゃんとおばあちゃんの大家さんとランチして。したらお金払ってないのに鍵くれました。伝えれば伝わるんです。だからみんなも伝えればいいんですよ」。

「僕、このあと徹夜で仕事なんです。明日、二子玉川でアートイベントがあるんですけどそれに急に誘われて。クッキー売ったり司会したり歌ったりすることになって。よかったら来て下さい」って話をされて私は翌日に本当に勢いで二子玉川行ったからね! だってキクチさんの熱がビシバシ伝わってくるんですもの! お昼から夜まで別の用事が入っちゃってたから午前中にねじ込んでそれでも赴いたって、自分でやってて相当だなコレって思ったのですがー!! “伝えれば伝わる”!!

歌のお話もしましょう! キクチさんの声の使い方は、特に強弱の付け方が独特かつ圧倒的だなぁと最近つとに思い知ります。ふいごで風を送ったかのように強烈に変化するボリュームが、ものすごくドラマチック。即興で…『東京タワー』という、〝スカイツリーでなく東京タワー派〟なキクチさんによる1曲ですが、即興とは思えない詞とメロディーの感性度合いでヤバす。

もちろん、音楽は彼の大切な大切なライフワークだから。そして他の仕事も心の底から楽しんで挑戦してるのがビシバシ伝わるから。その姿を観ているともの凄く奮い立たせてもらえるの。だから本当に40歳でぜーんぶ東京から引き揚げて欲しいなとか思っちゃう。不思議なハナシね。でも、そうなったら本当にたまらなく素敵!

…サポートで鍵盤の斎藤さんが入ってらしたのですが、「キクチさんはみんなの夢だよね」ってその言葉が、音楽家として人間として、とても重く美しく泣きそうでした。

《セットリスト》
誰かのために生きる人/街/あなたの声が聴こえるだけじゃ/100年後の僕達へ/東京タワー(即興)/ボクはキミのミカタ/平和そうに見えるこの世界で/あと何度