読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

12月のFoZZtone!

こんにちはツルヤです!

なんかもう、なんかもう色々ありすぎて訳分からないカンジになってますが、取り急ぎ! 非常に取り急ぎ2013年のすべてのライブ日程を無事に終了したFoZZtoneのライブ2本について書かせて頂きます! 奇しくも、どちらも学生さん主催のイベントでしたね。先日、自分自身もイベント開催サイドで動く体験をさせて頂き、その大変さを痛感した次第でございます…。大変だよね、運営大変だよね!! なんかもう、そんな気持ちだわ…。

FoZZtone(12/6@横浜赤レンガ倉庫ホール)

だからこの日、渡會さんが学生スタッフさんたちについて、「これは全然ディスってないんだけど、100人くらいいてテキパキ動いてるのが10人くらいで。他の人たちが“何したらいいんだろう”っておどおどしてるのが凄く良かった(笑)」って言ってたのも、なんてゆうかとても分かる…。
私達のイベントについても、そう言って下さった方がいらして。ずっと年上の方なんだけど、私達のことを応援して下さっている方が。「運営の子たちがわたわたしてるのを見て、すっごくワクワクした(笑)」。そーれーねー\(^o^)/

学生バンドの公募もそうだけど、FoZZtoneは学生さんをすごく後押ししてて素敵です。本番中、渡會さんが両ソデから覗いてる学生スタッフさんのところまでばばーっとギターを弾きに行って見せてて、そーゆうとこがすっごくカッコ良いと思うです(真剣に! 私は真面目に言っている!!)。

そう、この日は〝冬に聴きたいFoZZtoneの曲〟リクエストに応えてもくれて。このライブ以前のリハで『口笛男』のあのイントロをちょいちょい弾いていて、あれは紛れもない冬の曲であり。てっきり『口笛男』だろうとばかり思い込んでいたのですが。
――鳴らされたのは。鳴らされたのは、『平らな世界』。浮かぶ情景に息を呑む。出逢いの曲は、やっぱり代えがたい重さがあるね。なんて美しい、歌。
そしてアンコールでの『海へ行かないか』。最近は野心的なまでにセットリストを変えてきて下さって。色んな曲を聴けるのももちろん嬉しいんだけど、セットリストを変えてくれるというその事実自体が嬉しい。みたいな? いやね、本当に、そう思うのです。噛み締めるように。

《セットリスト》
世界の始まりに/TOUGH!!!/Master of Tie Breaker/Reach to Mars/平らな世界/GO WAY GO WAY/Shangri-La/LOVE
アンコール:海へ行かないか

FoZZtone(12/16@川崎CLUB CITTA')

伏線の様に奏でられてきた『口笛男』は、この日のものだったね。『口笛男』は、私がこんなにもFoZZtoneのライブに通い詰めるようになったきっかけの曲なので。『NEW WORLD』期はそれこそ全部のライブで演奏されていたような曲だけど。久々にバンドで聴けてやっぱり嬉しかったです。

そしてバンドとしては2013年の最後を飾るこのライブの、締めの1曲として鳴らされたのはもちろん『LOVE』であり。この『LOVE』で終われて本当に良かったと。光が降り注ぎ、全て受け止めてくれるこの壮大な曲。天井が高い会場が最強に似合うよね。

私にとっても本当に、凄い1年になりました。ツアー行って、MV作って、島行って、イベントやって。全力疾走。いやでも年内にあと何回か渡會さん観に行くんだけど…。つまりは、まだまだ終わって無いんだども…。

《セットリスト》
Reach to Mars/GO WAY GO WAY/JUMPING GIRL/Shangri-La/blow by blow/口笛男/LOVE