読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

4月のFoZZtone

★4/11@福島OutLine

去る2月16日公演の振り替えでした。関東甲信越~東北が記録的大雪に見舞われた日からの。それで日取りがかなり厳しい日程に変更になっちゃったんだけど、どーしてもどーしてもこの日だけは行きたくてですねぇ…。

大雪で延期、福島、かつ対バンがplane。仕事に忙殺されまくってた時期だったんですが、「半休…」って言い出しても特に誰にも止められなかったからお昼で抜けてきちゃったよ☆ 行きも帰りも新幹線は正直お財布に痛いものではありますが…(旅の明細もそろそろまとめてどさっと公開したいです…)。福島のフォズヘッズとお話して来たりと素敵な出逢いも多々あった1日でした。東京以外でplane観れたのが嬉しかったよ。キクチさんのソロ曲として発表された『FORM』をバンドでやっててびっくりした。『涙がこぼれる』もすっかり今の姿になってたね。素敵でした。

この日のFoZZtoneは楽しいFoZZtone\(^o^)/ セカフォズとセットの時だとシュッとしたライブをするようになってるけど、「5月に来る時はカッコ良いライブするよ」って渡會さんも言ってらしたけど! この日は! 笑顔笑顔笑顔! カッコ良いFoZZtoneもたまらなく胸に刺さるけど、楽しいFoZZtoneも底なしの幸せを魅せてくれる。甲乙つけがたし!
竹尾さんがいつにも増して高い所に登ってた! ってゆーかそのドラム乗っかっちゃっていいんですかあんまりよくなくないですかそーなんですか!!? ドラムに乗っかると渡會さんにもろ被りするので渡會さんがサッと脇に避けるんだけど、2回目の時は竹尾さんが背後で乗ってることにしばらく気付かないでらっしゃって、ちらっと後ろ見たら「うわーいるし!!」みたいに避けたのとか面白かったですね(そこかよ)!!
それにしても福島県出身のキャノン提供の福島情報がアテにならなすぎたなぁ…。福島弁へたくそだったなぁ…。「おれは福島弁なんか喋らへんからな!」って吠えたけど渡會さんに「そう言って捌ける時に言っちゃうんでしょ?」って言われて「何で分かんねん」照れてる竹尾さんが面白かったなぁ、本当にずーっと笑ってたなぁ。
良い夜だった。『LOVE』、まるっと祝福された気分。新幹線の車窓から眺めた桜は満開だったよ。

《セットリスト》
音楽/GO WAY GO WAY/Jaguar in the stream/Shangri-La/Master of Tie Breaker/LOVE


★4/13@長野CLUB JUNK BOX

で、1日空けて、長野。長野の桜はまだ満開には遠かったけど、公園でみんなでレジャーシート広げてお弁当広げてお花見(っぽいこと)してきたよ\(^o^)/ 動物園にも行ったよ、アシカとフラミンゴがいたよ(他にもいたけど)! 善行寺で柄にもなく恋みくじとか引いたら末吉が出た者だよ、少しでも迷いがあるなら結婚するなって言われたよ。それ、結婚できないやつ! もう何でもいいんじゃないかな!?

この日はGOING UNDER GROUNDのツアーのゲストでしたね(唐突)。GOINGはそんなに回数を観れているわけではないんですが、高校生の時にラジオから流れてきた『トワイライト』を耳にした時の心の震えは今も残っています。その後、雑誌「音楽と人」を定期購読していた時期がかなり長い間あったのですが、そこでドラムの丈さんがコラムを連載されていたんですよね。特に丈さんに関心を寄せたのはその経験があったからな訳で、丈さんがGOINGを脱退されるというのもくるものがありましたねぇ…。

そんな中でゲストのFoZZtoneの竹尾さんがライブ開始5秒くらいで「遊ぼうぜ名古屋ー…やっべ!!!」と叫んだのがこのライブのハイライトでしたね☆ うん、ここは、長野☆
いやでも、個人的にはもっとドキドキすることをやりまして。だから、お花見の席で6人ほどで遊び半分企てて、ライブハウスに着いたらもうちょっと知ってる方がいらっしゃったのでその方々も巻き込んで。GOINGでペンライトを振り振りする曲があるんですよね。あれ……『Shangri-La』でやろうよ! っつって。勢い! 勢い勝負!! ライブハウスの入ってる建物に奇跡的にダイソーがあったために、サイリウムを買ってきて、『Shangri-La』の同期が流れだしたらばみんなでポキッ☆ ってやりましたわねー…。思い返せば、随分と思い切ったことをしたものです。「なんか光ってるー! GOINGのあれですねー!!」って反応して下さった渡會さんに多謝。散々ワイパーとか勝手にやってきゃっきゃして、『Shangri-La』終わった瞬間に撤収したよん\(^o^)/

渡會さんが「最後の曲は、大好きな丈さんに捧げます」と言って『LOVE』を歌い出すものだから。“世界の果てより遠くで待っている 互いを損ない、去っていく君へ”――。

GOINGのラスト、『トワイライト』。

  約束しよう僕らは それぞれの地図を持って
  旅立つ事はきっと さよならなんかじゃなくて
  いつだって主役は君と僕で 期待とプライド背負って
  主役は君と僕で それぞれほら違うストーリー

聴き終えて、駅に向かって走った。そんな、長野の1日でした。聴けて良かった。キラキラでドキドキで、涙が出るような。

《セットリスト》
音楽/GO WAY GO WAY/口笛男/blow by blow/TOUGH!!!/Shangri-La/Master of Tie Breaker/LOVE