読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

ツルヤがUFOを見た話(すごく昔)。

ふわふわ

昨日の宇宙会議で手を挙げてしまったので……。

季節はおそらく、夏の終わりか秋の初めだったのではないかと思います。
季節に関しては、どうもうろ覚えです。というかむしろ、これは今思い当たったのですが、“これが小学校2年生の時の出来事だ!!”と自信を持って言えるのは、正直この件しかありません。なんと朦朧とした子供時代を送っていたことでしょう。子供の時分、出窓から落ちたとか、栗の木から落ちたとか、家の柱から落ちたとか色々あった覚えはあるんですが、けっきょく正確に何歳の時だったのか、今となってはひとつも見当がつきません。時間とは恐ろしいものです。

閑話休題

思い出すのは、2歳年上の兄と2人で夕暮れの畑にいる場面です。その前まで何をしていたのでしょう。まったく覚えておりません。
とにかく舞台は家の畑です。家の畑と申しましても、家の玄関からは庭やら植込みやらを通って行かねばならないので、実際の距離としては40mくらいはあります。田舎って土地だけはあるんですよね。明治の頃に、「ここからここまで自分の土地だ」と主張すれば、言ったもん勝ちみたいなことがあったそうですよ。嘘か真かは存じませぬが。

で。たぶん、兄が先に見つけたんです。西の空を指さして。

「UFOだ!!」

わお。
私が小2だと兄は小4…。てゆーか、私に少々オカルト趣味の気があるのは、完全にこの兄の影響です。好きだよねー。後に『スター・ウォーズ』に傾倒したのは両親の影響ですが。

夕暮れの西の空は見事なオレンジ色であったとはっきり記憶しています。そのオレンジよりも更に濃い色の楕円形の物体が、ゆっくり、ゆっくりと地面と平行に移動しているのです。その動きは飛行機のそれではありません。不覚にも、当時の私は怖くなって家の方に一目散に駆け出してしまいました。ここからはその場に残った兄から伝え聞いた話です。その後、その物体は更にゆっくりと移動して、ある瞬間にふたつに分裂すると次の一瞬で消えたそうです。これがこの時の、UFO遭遇の一部始終です。

f:id:asami1837:20140527210254p:plain
実は。
UFOが現れた現場に居合わせたのはこれ1度ではありません。おそらくはその2年後くらいにもう1度機会がありました。ただ、この時私はUFOがいると他の人が指差した中空にその姿を目視で確認することはできませんでした。いちいち残念です。これは畑ではなくて奥の庭から、兄と兄の同級生数名と一緒にいた時の出来事で、私以外の人たち(おそらく3、4人)は、空を高速でジグザグに移動する銀色の物体を見たそうです。夕暮れ時ではなく、青空が広がっていた覚えがあります。

これが、今更引っ張り出してきた私のUFO体験記です。両方で兄が一緒で、兄の方が確実に見てることになるのですが、兄がこのことを覚えているのかさっぱり分かりません。今度、訊けたら訊きます…。