読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

FoZZtone数え唄 -8-

ライブ

27.2012年9月22日@札幌DUCE
あれ? いきなり場所がおかしいね(^v^)??
……行ったねー、札幌(笑)。なんか、このツアーが発表されたときに、日取りがすごく行きやすかったせいもあって、もう行っちゃおう! ってなったのですよね。こう思い返すと、2012年の私は本当に熱にのぼせていた時期で、今の私の礎を築いた年だったんだなぁと。この時にためらわずに飛んで良かったよね、北海道。NEW WORLDのツアーの時は怖くてまだどこにも行けなかったから。

28.2012年9月23日@仙台MACANA
で、翌日は仙台ってな(笑)。今思えばガラガラのMACANAだったね。「久しぶりに観た人には〝あれ? こんなバンドだったっけ!?〟って思われると思うけど」って言ってたよね。今でこそ変わり続けるバンドのイメージだけど、私が観ていた範疇でさえ本当に変わったから、長年観続けているお客さんは本当にすごいなぁと思う。その変化まるっと愛してきたのって。
このツアーではハンドマイクの『Africa』がとにかく美しかった。美しかったんだよ。

29.2012年10月7日@梅田Shangri-La
奇跡みたいなライブだった。この日もWアンコールまで雪崩れ込んで、『LOVE』を2回やったんだよね。竹尾さんが赤坂に引き続き『U.C.』歌ったのも。INNER KINGDOMのツアーはアンコール以外のセットリストを全く変えない(数回のみ対バン有だったから、そこは凝縮版みたいな感じで)スタンスだったんだけど、確かに各地の色がすごーく出てたね! 私の初・大阪遠征で大阪の色を知った日だけど、以後何回か大阪で観ているけど、それでもやっぱりこの日はすごく特別だったと思う。
竹尾さんのお母さんがいらしてて、確かお誕生日だったんだよね。みんなでお祝いしたね(笑)。あと、キャノンの同級生だったかな? 結婚されたということでみんなでお祝いしたね(笑)。お祝いだらけだった、ハッピーな一夜。

30.2012年10月8日@名古屋ell.FITS ALL
この名古屋が30本目か。ここに辿り着くまでの29本があって良かったなと思う。そしてこの後に何本あるかまだ全然分からないけど、それらがあって良かったなと思う。
年代記だと言ったけど、この日のことは改めて中途半端に書くよりも、当時の記録を読んで頂きたいなと思います。
一夜明けて、『ENEMY』の歌詞を呟いていた自分を思い出す。別にこの日のライブでやったわけでもなんでもないけど。記憶が時間を焼く前に、過ぎたことだよと笑う前に。アンコールは『ブランケット』だったね。

31.2012年10月27日@東京キネマ倶楽部


【LIVE】professional car/ 2012.10.27@東京キネマ倶楽部 ...

Keller Water完成披露会。今再びのキネマ倶楽部。
例の、名古屋でのことの謝罪と、お母様が亡くなられていたことを告白した日だよね。私はもう、完全にこの人の人生を読んでいるんだよね。
先日、ここ1年くらいでFoZZtoneを知ってファンになった年上の方とお話しする機会があったんですけど。その方はそれまでアイドルとか、そういうところで熱心に追っていた経歴が長い方なんですけど。「大変だったでしょ?」って。「ここまでの距離感で追うの、色々あったでしょ? それでも追えるのは、本当にすごいことだよ。私はここから時間を重ねていこうと思っていたけど休止になってしまったから、とっても羨ましいし、すごいなって思う」って。場所は違えど同じことを自分より長くやってきた方にはまさに脱帽でしたし、そう言って頂けてとっても嬉しかったです。
この日の『LOVE』で初めてあの人、フロアに降りたんだ。最後の『MOTEHR ROCK』スタジアムver.、私はあれを、もう1度観たいと願っている。