読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

人生とスター・ウォーズなどという大層な

年末に思い立って『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』を観て以来、ずいぶん久方ぶりに定期的な映画館通いをしております。自発的に通うのは殆ど初めてかもしれない。たまにあの音響が恋しくなってなんとなく行ってたりはしたけども。

スター・ウォーズ』に関しては10歳くらいの時に親の手配により旧3部作(エピソード4~6)をしっかりと、特にエピソード4に関してはタイミングも良くデジタルリマスター版を映画館で観る機会に恵まれまして。なんというか、こういうものの親の影響ってすごいなぁと思いました。勉強しろと言われた覚えはほぼないのですが、漫画を買ってくれたし映画を観せてくれた。まぁ、特に母が好きだったんですよね。その類を、非常に。反面、音楽に関しては殆ど無趣味な人たちだったから(兄に関してもそうだった)、私の音楽遍歴は完全に孤立した歴史を持っているのだけれど。

閑話休題。エピソード7でハリソン・フォード演じるハン・ソロに…老齢のソロに再会した時、それはもう、圧倒的な感動があったわけですよ!! 最初に観た時、私けっこうオーバーアクションだったから隣のサラリーマンのおにーちゃんゴメンね! って思いながらだったんだけども。でも、抑えようもなくてですね。再会に要した20年…(リアルタイムで追っている人はそれが30年になるんですな…)、私の人生と、ハリソンの人生と、スター・ウォーズという稀有な物語の20年…。その時間の重みがガツンときまして。マーク・ハミルキャリー・フィッシャーもそれはそうなんだけど、でもやっぱりハリソン・フォードは年齢を重ねる過程を他の映画で多々観る機会があったからとりわけさ。そのハリソンがソロで帰ってきてさ、もうネタバレでいくけど、最初のセリフが「懐かしいな」って、瞬時に「私も懐かしいです船長ぉぉぉぉぉ!!!」ってなりましたよね!!?

だから、ハリウッドスターとして大成功を収めたハリソン・フォード演じるソロを序盤から登場させ、そして華々しい銀幕から遠ざかっていたマーク・ハミル演じるルークを孤高の隠者として引っ張ったあの脚本は、やっぱり彼らの実際の人生あってじゃないかぁって、けっこう思っちゃうわけです。あの2人の旧3部作後の人生こそが今回の3部作を描いたんじゃあなかろうかって。そしてハリソンは、その役者人生の最初の大輪を咲かせたハン・ソロに30余年を経て帰還し、まっとうしたのだなぁ…。という、人の人生と自分の人生重ねて泣けちゃう現象…。

こんなにスター・ウォーズの話をするつもりじゃなかったんだけども。まぁいいや。どっかに1回ちゃんと言葉にしなきゃだったんだろう。というわけで、親に連れられて月イチくらいで映画館に映画を観に行って、加えて休日にはレンタルビデオをTVで観てた中高生くらいの頃以来、映画を観ています。もう家でじっと画面を見つめ続けるだけの気力体力が無いので、もっぱら映画館です。何本かとても良い映画や、割とどうでもいい映画だけど観て良かったなって映画(伝わらないかもだが、映画に限らずそういうものってないですかね??)を観たけど、少し書いておこうかな。続くか分からないけど。というわけで、スター・ウォーズの話でした。映画館で4回も観たのは初めてだし、今後これを超えてくれる作品が現れるかはすごく未知数。でも、そんな作品に逢えて良かった。あの旧3部作リスペクト感+αスペシャルな感には泣くほかなかったとです。物語にもだけど、語り部たちの物語への愛にもさ。