読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

かなりぼわっとした不思議な話。

これは私が体験した、「けっきょくあれは何だったんだろう??」という話であり、そういう話にままありがちですが、とってもぼわっとしています。ふわっふわです。
なんかいきなり思い出したので書いておきます。

たぶん中学生の時だったと思うのですが(それも定かではない)、家族4人で映画を観に行った帰りに、夜道を車で走っていたわけです。午後9時くらいだったでしょうか。父の運転で助手席に私、後部シートに母と兄。田舎の、人家もまばらな片側1車線ずつの、まぁ、普通の道路。
うちの車の前後にも数台車が繋がっていて、田舎のその時間帯の道としてはそこそこの込み具合だったと思われます。当然、視界には前の車の後ろ姿。


突然、前の車が対向車車線に大きく逸れました。私も父も「!?」とびっくりしたのですが、前の車が避けた道路には、謎の茶色い物体が…それも左手の山の方からセンターラインを越えるくらいまで、高さとしても最大で80cmくらいはあるんじゃないかという…肉質のある物体が横たわっていました。それは動物的でありながらも毛はなく、頭や手足なども確認できませんでした。動くような気配と言ったものもありません。しかしながらそれは決して土砂や倒木ではなく、肉感のある、茶色い何か…知ってる人にしか伝わらないと思うのですが、「『スター・ウォーズ』に出てくるジャバ・ザ・ハットのしっぽの方がでろ~んを横たわっている」…冗談抜きでそれです。

f:id:asami1837:20160522185928p:plain

一瞬のうちに父も思い切りハンドルを切って、その物体との衝突を避けました。幸いにも対向車はなく、その場を切り抜けました。うちの車に続いていた後ろの車も、同様にして避けたようでした。

その後5分ほど走らせて無事に自宅に帰り着きました。しかしその車中から「いったいあれは何だったのか?」という議論は白熱。特に後部座席の母と兄は、前方の私と父ほどには状況を理解しておらずにいました。そして帰宅して10分ほどたった後、兄と父2人が「もう1回見に行って来る!」と言って再びその現場へと向かって車を出しました。

そしてまた10分後、父と兄は帰宅しました。そしてこう報告してくれました。


「何もなかった」


・・・以上です。