読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

FoZZtoneセッション会(12/17@下北沢GARAGE)開催の経緯!!

FoZZtoneセッション会のそもそもの発起人・TOMBOWさんに、開催に至るまでの経緯を運営チームの1人・ツルヤがインタビューというか、一緒に喋って迫りました!

 

11/28(木)23時頃 ~水野創太グループの素晴らしいライブ後、下北沢の王将にて~

――今更だけど、なぜやろうと思ったのかってゆう、そこからいってみましょうか。

「そもそもバンドスコアが出る前々から、セッション会みたいなものをやりたいなって思っていて」

――ずいぶん前から言ってたよね。

「そうだね、弾き語りブックが出たくらいの頃から…去年(2012年)のREC OK! TOURの頃くらいかな。あ、なぜか渡會さんじゃなく、竹尾さんに(弾き語りノートブックに)サイン貰ってた…()!」

――もともとスピッツのセッション会に出入りしてたってゆう基盤があって…。

「うん、それが一番大きな発端かも。もともと私スピッツが大好きで、バンド組むとまでは言わないけど、誰かとスピッツ演奏してみたいなぁと思ってて。そんな時SNSスピッツ曲のセッションイベントを見つけたの。スピッツ好きで、音楽…楽器やってる人達がライブハウスに集まって、その場で一緒にセッションしようぜ!みたいなイベント。もの凄く楽しくて何回も行っているんだ。これ是非、フォズでもやりたいな~()と」

――ただ最初は難易度が高いって言ってね()

「そう! スピッツももちろん難しいんだけど、やり易さというか」

――歌の土台的な作りだよね。

「あとコード進行とかが。スピッツはすごく分かりやすいから、やり易さの違いがあって。バンドスコアも何もない状態では流石に厳しいなぁ、早く出ないかなぁ出ないかなぁ~…と、……待っていたのですよ!!」

――待っていたのですよ()

「そう()。とにかくそれが出ないことにはやれないな~と思って、もやもやもやもやしていて。やっと火星(『Reach to Mars』バンドスコア)が出まして。出発進行、ですよね」

――でも当初は本当に、最初はスタジオでくらいのノリだったよね?

「そうそうそう、スタジオでやろうと思っていてたら…」

――jiroさん(運営チームメンバー)が話を進めてくれて…。

「そう、jiroちゃんがガレージで…ポン!って話になって() “いや、そんな、ガレージでなんて…!?”って私が逆に及び腰になってたら、話が意外にポンポコポンポコ…」

――そう! 知らないうちにワーってなってて。

「…決まったねぇ」

――決まったねぇ…。

「まぁガレージはセッション会をスタジオとかで2、3回とか開催して、記念にいつかやれりゃあいいかなぁ・・・ってゆうくらいの目論みだったら1回目ふぃー!! みたいな()

――ふぃー() いやでもすごい機会を貰ったと思うよ。

「本当に私の2013年のキーワードはガレージになってるよね()

――ガレージ何回行ったよってゆう()

「だってGMCGARAGE主催サーキットイベント)に出るバンド予想、ほぼ全部当てたってゆうね() もうどのバンドも知ってる…殆ど観てる」

――今年は本当にすごかったね…。

「今年は本当に怒涛の…年間パスが欲しかったね、ガレージの()。ディズニーじゃないけど、あったら本当に元とれる()

――それでいきなりガレージでやっちゃおうって話になって…。

「まぁだからフォズとかガレージのバンドとかが好きな子たちが集まって楽しいイベントになれば良いなとは思って」

――そうそう、最初スタジオでやる分にはフォズ曲のみって考えてたけど、ガレージでやるってなってもっと大きく巻き込めたら良いなって。

「そう、そうなんだよね。で、スピッツセッションの時とかも、全く楽器やってない子たちもその場に来てて。歌でセッションに入ったりと楽しんでたよ。それでね、そういう子たちも、何回かセッション会重ねるごとに、『やっぱり演奏してみたい!』ってゆう欲がでてくるみたいで。“楽器始めました!”って言って、後日セッション会でデビュー! みたいな」

――すごいなそれ。

「大元は小さなライブハウスでやってて。でもそこで知り合った子たちが自主的にスタジオ借りてセッションイベントやったりとか…すごい色々やってたな…。うん、そんな感じでやりたいんです。いかんせん、何せフォズのお兄さんたちは面倒くさい曲(※褒め言葉)を作るので、参加者集まるかが心配。…特に竹尾さんギター立候補者が…()

――ギターが…() とりあえずセッション会やろうぜ!ってなって、すでに、楽器を多少やってる知り合い数人に声かけたよね。それが今動いてもらってる主要メンバーみたくなってるけど。ただ、やっぱりあそこまでギターを…いやあのレベルが必要って意味ではないんだけど、いたら嬉しいじゃないってゆう話を…。

「まあね…そうなんですよね、どうにかね……大募集です()

――絶対いると思うんだけどなぁ。

「ね! いるだろうと思うんだけどね、なかなかね…。あと何か話忘れてることは…」

――うーん、あとはもう単純に遊びに来てほしい。なんだろうな…“ライブハウス”を楽しんで欲しいな。

「そうだね。それが伝わるイベントになればいいな。ライブハウスという場所に躊躇する人もいるもんね。勿論1人でライブハウス行ける子は、何しなくても別に楽しめるんだろうけど…」

――ね、そういうスタイルも全然ね。私も長らく1人で行ってたし。

「そうなんだよね。でもやっぱり顔見知りとか喋れる子が増えたらもっとライブハウス行くのが気軽で楽しくなるかもしれないし。あとはそうだなぁ・・・1人で(楽器を)やってた子たちは“じゃあ誰かと一緒にやってみっか”ってゆう、そういう気軽なチャンスになればなと。…やると絶対楽しいもの!それプラス、ステージやれるっていうスペシャル感ね。…返し、とか…? 返し?」

――ああ、音の返しとか!?

「そうそう! …圓さん! 圓さん(圓山満司さん/GARAGEフロアチーフ)が音響やってくれるんだよ!(息まく)

――そう! だって圓さんが入ってくれるんでしょう!? すごいよね! わかるかなぁ、この…圓山さんがやってくれるってゆうワクワク感()

「この安心感()

――で、真由美さん(大橋真由美さん/GARAGEスタッフ)がドリンクかなんかでいてくれるんでしょう?

「楽しみ」

――楽しみ。

「すごい楽しみ。なんだけど、ね。みんなの力を、ね()

――そう()

「そこなんですよね」

――もちろんどのライブでもお客さんは必要不可欠で。で、このライブは特に演奏してくれるお客さんとか、一緒に歌ってくれたりとか…。

「そう、だから“ライブ”というよりやっぱり“イベント”なんだよね。本当にみんなでやるイベントなんで、みんながいないとできないイベント。だから、なんだろ、【お客さん】じゃなくて、イベントしたいからみんな来て!! ってことなんだよね()

――そう()

「みんないないと出来ないイベントだから、とりあえずみんな来いッ!! みたいな() 君が不安なのは知らない! みたいな()

――おっと、暴言出ましたよ()

「不安なのは知らない、そんなのみんな持ってるから。だから不安はそのままでいいから、とりあえず来い! みたいな