読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぽぽ?(仮)

日々もろもろ。

堂島孝平×渡會将士(FoZZtone) 10/6@下北沢GARAGE

LOOPで、LOOPER。 by 堂島孝平

…渡會さんが、新兵器・LOOPERをお買い上げなされました。それの、初お披露目会でござんした!

てか、ワタクシ、LOOPERなるものが何なのかさっぱりさっぱり! 音楽機材分かんない、無知!! そんでもって今調べようと思って検索かけたら何かそうゆうタイトルのアメリカ映画のことばっかだだーって出てきちゃってやっぱり分かんないから諦めた! ダメな人!!

まぁあれだよ、実際にライブ観て思ったのは、その場で録って流して…何か楽しい機械なんだよ(オイコラ)!! セカイイチの岩崎さんと各地で弾き語りをされてきて、岩崎さんが使ってるのを見て「自分もー!」と思って成田から自宅までの間のどっかでたぶん購入したみたいだよ!!

「おもちゃに遊ばれる自分を観に来て下さい」…と渡會氏は仰っていたのだが、ある意味においてLOOPERをあんなに使いこなしていた人はいないように思える…。別に今まで全く、全くROOPERを意識してライブ観てたこと無い! 無いよね!! でも、お客さんの拍手を録って、自分で拍手が欲しい時にそれを流して喜んでる人は初めて観たね\(^o^)/

「LOOP annexさんでやるとついつい喋りすぎて押しちゃうんで、時計買ったんですよ! ずっと前から欲しかったC-3POみたいなやつ!」、うん! これでもかってキンキラキンだね!! ここで拍手ー! わー!! …みたいな(・ω・)

だけどね、ついに腕時計も購入して無敵になったかと思われたんだけどね、そこには大きな落とし穴があったんだね…。「何時までか分からないですね!」、ああそうですね☆ …しかし滞りなく、楽しいステージでございましたよ! 歌はだって、だって素晴らしいもの。そんなのはもう深く深く知っていることだから。『Jaguar in the stream』はいつだって心を突き動かしてくれるし、LOOPERを諦めてアコギ1本で奏でられたあの『Wild Card Garden』の痛ましいまでの迫真さ。胸を締め付けられるような。この人の、この歌声が何よりも胸に迫ってならない。

セカイイチの『バンドマン』のカバーもね。この曲はすべて売れないバンドマンと、彼らのお客さんの精神的よりどころの様な気がしてしまうのよ…。ねぇ、僕のバンドマン? 最近、本家のもだしこうして渡會さんの方でもたくさん聴く機会を持てて嬉しいです。勇気を貰えるんです、お客的にも。

けっきょく押したんだか押してないんだかは分かんないけど…(゜゜) 最高の喜劇役者な堂島さんにバトンタッチ! なんかもうね、あの笑顔で舞台に登場しただけでハッピーな空気を一瞬で作っちゃうのって! あれってもう何!? なんというか喜劇役者でもあるけど、マジシャンでもあったんだなぁ…って今思いました。なう。本当に立ち居振る舞いが見事にキラキラ輝いていて。

テレビ画面の向こう側の人だったけど、今年に入ってからいっぱい観る機会に恵まれて本当に幸せな話でございますわ。この堂島さんと渡會さんという組み合わせもね! LOOPさんありがとう! みたいな!! 本当に最近、このハコで素敵なライブを魅せてもらっているから。